賃貸に出すケース

購入したマンションを賃貸に出すケースでは家賃収入が得られますが、住宅ローンは支払っていかなければなりません。また、借り手がつかなかったり、退室されてしまった場合などは、その間の家賃収入が入らないことになります。転勤先に別のマンションを借りる必要もありますから、マンション購入後にお金に余裕がないと、賃貸に出すのは難しいかもしれません。また、毎月きちんと家賃が振り込まれるという保証もありません。

やっと手に入れた理想のマイホームを赤の他人に貸して、転勤から戻ってきたときに中古になってしまうというのも残念なものがあります。それを考えると、短い単身赴任期間であれば妻子を住まわせたり、自分の両親や義父母などの身内に貸し出すのがいいかもしれません。

それと、賃貸に出す場合、転勤から戻ってきたときにすぐに出て行ってもらえないケースがあるようです。これを防ぐ方法ですが、契約に「定期借家契約」を入れておくことです。定期借家契約というのは、賃貸期間を決めてその期間が終了したら借家契約も終わり、家を借りた人は退去しなければならないというものです。定期借家契約を結んでおけば、転勤から戻ったときにスムーズに明け渡してもらえるでしょう。

参照サイト<http://xn--88j8j6dnb6cc5655n.com/